キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 継手企画

給水管の継手

給水管の配管工事に必ず必要になるのは継手

継手企画

ブックマーク

LINK

主要コンテンツ

給水管の継手

給水管の配管工事に必ず必要になるのは継手です。

パイプを曲げるときにはエルボータイプの継手を使います。

給水管はネジが切られ、継手を使って繋いでいくものです。

ですから配管が真っ直ぐに伸びている場合にも継手は必要です。

一般住宅では水道用硬質塩化ビニル管、水道用耐衝撃性硬質塩化ビニル管、水道用耐熱性硬質塩化ビニル管が給水に使われています。

水道用耐熱性硬質塩化ビニル管は主に給湯用、硬質塩化ビニル管は排水や通気に使います。

排水や通気には圧力がかからないので硬質塩化ビニル管は薄肉管になります。

薄肉管はVUと記載されることがあり、水道用硬質塩化ビニル管はVP、水道用耐衝撃性硬質塩化ビニル管はHIVP、水道用耐熱性硬質塩化ビニル管はHTVPと記載されます。

それぞれの管材によって継手も専用のものとなります。

継手にはそれぞれVU、VP、HIVP、HTVP用が明記されているので、継手を購入する際には注意が必要です。

その他にも、給水給湯用の配管には配管用炭素鋼鋼管、水道用硬質塩ビ ライニング鋼管、水道用ポロ粉体ライニング鋼管、水道用銅管、水道用ステンレス鋼管、架橋ポリエチレン管などもあります。

◆継手の詳細はこちらhttp://www.haikanbuhin.com/top/item/asp/cate.asp?s_cate4=21001&list_count_type=Light

継手企画 Copyright (C) www.billygoeshunting.com. All Rights Reserved.